電気工事士資格取得方法なら

電気工事士という資格があります。
一番の近道は職業訓練施設で電気工事士養成課程を修了することで、無試験で第二種電気工事士免状を取得することができます。
筆記試験と技能試験からなり、筆記試験合格者は技能試験に進むことができ、両方合格してはじめて第二種電気工事士の資格を得ることができます。
この電気工事士の資格を保有していると、他の公的資格の受験資格が得られたり、また資格取得同等の認定を受けることができます。
特殊電気工事資格者というネオンサインの工事作業に従事できたり(実務経験と講習会参加など必須要件あり)、消防設備士の試験の一部免除があります。
電気工事士の資格を取得すると、一般住宅や、商業ビルなどの電気工事を行う事ができます。