公認会計士になるには?

2003年5月の公認会計士法改正に従って、従来の「公認会計士審査会」が改組、拡充されました。
現在の「公認会計士監査審査会」となったのは、翌年2004年の4月です。
この審査会は、公認会計士や監査法人の会計監査が適正かどうか、それを監督する金融庁の機関という位置づけになります。
監査を監査する審議会という事ですね。
業務内容は「品質管理レビュー」に対する審査及び検査、公認会計士試験の実施、懲戒処分などの調査審議、これら3つに分けられます。
「公認会計士監査審査会」には、日本公認会計士協会が実施している企業決算監査の点検を、さらに監査する権限もあります。
加えて、必要に応じて監査法人や企業への立ち入り検査も可能です。