看護師の平均年収は?

日本の看護師の年収は平均して437万円くらいです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院に在籍している看護師は、公務員として在籍しているため、年収は平均すると593万円ほどになります。
公務員看護師は給与の上がる割合も民間病院と比較すると高く、福利厚生もより充実しています。
准看護師として勤務している場合は、看護師よりも平均年収が70万円程度低いです。
全国の病院等の現場では、長きに渡りずっと看護師が不足している状態が継続中です。
そのため、就職と転職に際して看護師は極端な売り手市場だと説明できます。
看護師の資格を持っていれば、希望条件を満たす最適な職場を比較的容易に選ぶことができます。
男の人でも看護師になれるのか、確かめてみました。
看護師は女の方が圧倒的に多い職業ではありますが、男の看護師も活躍しているのです。
男性患者だと、世話を女性の看護師にやってもらうのが照れくさいと思うこともあるでしょう。
そういった時、男性看護師がいれば非常に喜ばれます。
私の友達の中に看護師がおりまして、時々、給料が高いと羨ましがられていることがあります。
でも、看護師の業務内容は、夜間勤務もあって、生活サイクルが一定にできませんし、職場の環境は、女性多数で特殊ですから、ストレスを抱えている方も多いようです。
こういったことを考慮したら高い給料は当然のことだと思われます。
看護師さんの中には、退職金が心配な方も存在するかもしれません。
退職するときに看護師がもらえるお金は、国立や県立の病院では多くなります。
国立や県立の病院の次に多いのが、大学病院になるでしょう。
小規模な病院の場合、ほとんど出ません。
夜勤が多い仕事ですから、多くの人に仕事がしやすい場所とは限らないものの、全体としてみれば、規模が大きい病院の方が退職金などの待遇が良いでしょう。