住宅ローン名義変更の方法は?

住宅ローンの名義変更が必要となるのは、不動産の所有者が亡くなった場合、または亡くなる前に生前贈与をする場合、離婚に伴って夫から妻に名義を変える場合などです。
名義変更をするためには、法務局に登記申請をする必要があります。
登記費用として「登録免許税」がかかり、これがかなり高額です。

また、金融機関に名義変更の承諾を得る必要もありますが、住宅ローンは金額が大きいので、名義を変えて住宅ローンの残高を支払えるかどうかが重要な点で、再審査が必要になるようです。
スムーズに変更できるかどうかは、金融機関次第、担当者次第ということになりそうです。
住宅ローンの名義変更をする際には、金融機関や司法書士、税理士などに相談してみてください。