つなぎローンの利用の際に発生する諸費用とは?

つなぎローンを利用するとどこの金融機関でも以下の諸費用が発生します。
まず、1番大きな負担になるのが、つなぎ融資にかかる利息です。
また、つなぎ融資に申込むために必要になる印紙代があります。
これは借り入れ金額によって異なってきますが、1,000万円から5,000万円までの範囲内での借り入れであれば2万円ほどです。
他には、印鑑証明や住民票、金融機関によって異なる融資手数料、振り込み手数料といった諸費用がかかります。
つなぎローンを組む時には金利が高いか低いかしか見ない人が多くいますが、それ以外の諸費用も馬鹿にならないのでトータルで比較する必要があります。
金利が高くても諸費用が低く、トータルでは利息を含む諸費用が安く済むケースもあるからです。
フラット35のつなぎ融資のおすすめ銀行は?