フラット35が使えない住宅とは?

固定で低い金利で住宅ローンが組めるフラット35ですが、住宅を建てる人や買う人すべてが使えるわけではないのです。
フラット35を使うには条件があって、中には使えない人も出てきます。
まずフラット35の基本的な資金使途として、ホームページによると、「お申し込みご本人またはご親族がお住まいになるための新築住宅の建設・購入資金または中古住宅の購入資金」となっています。
そして、リフォーム資金には使えない点も明記されています。
また、本人などの住居を備えていない賃貸専門に利用する建物にも利用できないとのことです。
家が欲しいけど、充分な貯えもなく、収入もそれほどでもない人が純粋に自宅を手に入れるためのフラット35なのです。